工口DVD
工口DVDには我々の心を癒すとともに、また熱く燃え上がらせるものがあるんじゃ…!そう、それこそがこのみなぎる力の源…っ!


入口

浪漫回路とは、男…もとい漢(おとこ)には必ず搭載されている機関と言われている。20世紀後半に小野寺博士が提唱した新学説で、通常、肉体的視覚では捉える事ができない精神的存在である。漢の右脇腹内に存在しており、精神的な昂揚状態にある時などに起動・回転して計り知れないエネルギーを産出する動力源となるという。場合によっては必殺技などが出せるようになるとか、果ては妄想具現化まで至ったという実験結果もあるが、真偽のほどは定かではない。最近の検査ではドーパミンなどの脳内麻薬が過剰分泌状態でなければ起動しないという説もあり、アドレナリン分泌との関連性や神経作用などとの繋がりも視野にいれて現在も研究が行われている。個人が漢であるかどうかの測定としては心の眼鏡で見ることで各人の胸部、特に心臓のある辺りに漢度を示すメーターを見る事ができるという。漢でない、浪漫回路を搭載していない場合にはメーターの向かって左端の「ヘタレ」と書かれたエンプティゾーンを示すが、真の漢の場合には右端のレッドゾーンを振り切っているらしい。また、各々個人によってはそのメーター内容が異なる場合もあると言われるがこれを見る事ができる人物がほとんどいないために証明が遅れているという。このメーターは各人の「やる気」によって上下するらしく、精神的昂揚によってメーターが上昇しているときには一時的に信じ難いほどの能力を見せるという。これを一般的には「火事場の馬鹿力」と呼ぶが、この現象は浪漫回路によって引き起こされているのだという。また、真の漢は人智を超えた能力を多数秘めており、いくつもの奇跡的な逸話を残している。博士は近年「萌え」という言葉で表される存在と浪漫回路起動の関連性についてを論文として発表しており、世界でも日本が最も研究が進んでいるという。


こちらから退室するとYahooJAPANへと移動します
出口


はじめに アクセス サイトマップ


Copyright ©  2008  dvd.mozaic-wav.com All rights reserved.